報道を見てイラっとしたこととこうしてほしい思う願い

また、トラックが小学生の列にぶつかった事故である。19の若者が運転していたトラックで、その人はまだ、免許所得して、半年もたっていなかったという。その間は、若葉マークは必須なのにしていないという事だった。
交通ルールをただ試験を通れば忘れていいと思ったのだろうか。もしくは、「運転する」ということは、常に交通ルールを付きまとうものだということを認識していなかったということだろうか。ふとそんな風に思う。
だとするならそれは間違っている。町にでれば、自動車学校のように決まった車線に行くのではないという事を今一度思い出してほしいものだ。
歩行者だけでも老人・若者・主婦等様々にいる。それを注意しながら、バイクや軽自動車を気をつける事を学校で習うはずです。
そして、晴れて免許取って後も、ルールを守ることが義務づけられる。また、若葉マークは若い人のセンスからしてみたら、カッコ悪いかもしれません。しかし、「運転しよう」と思ったのなら、一年はカッコ悪いままでもいいではありませんか。事故を起こす方が恥ずかしいと自分は思う。
なぜなら、悲しみが被害者、加害者共に良い思いはしませんし、悲しい事故を起こせば、その責任だって問われる。
「運転をする」ということは、いつ加害者になるかもしれない危険性をいかにして防止するかという事を目標にしてほしいと思う。
それが、本当の意味で「かっこいい運転者」と言えると私は思う。
車が必要なら、この事を自覚して、楽しいドライブや出勤してほしいと自分は願います。
自分も、事故で聴覚が聞こえづらくなっている経験から交通事故は減ってほしいと思いますし。事故によって人生が変わってしまうことを合わせて知ってほしいと思う。女性ホルモンを増やしたいけどおすすめサプリは?